4、年収1億円になる方法

3.24.2016

 

年収1億円になる方法について今日は話していきますので、ぜひ最後まで読み切ってくださいね。

 

その前に、いわゆる初心者の方にも、より理解を深めていただくために、ネットビジネスの本質について話しておきます。

 

私が考えるインターネットマーケティングの本質はズバリ、

 

「知識がネットで売れる」

 

この一言に集約されます。これが肝です。

 

実業の世界から来た私にとってこれが一番の衝撃でした。

 

ネットビジネスの最大の魅力はここにあります。

 

本質を見極めるには、不要なものを一切排除して、残る必要不可欠な要素だけにすることです。

 

だから本質はシンプルなのです。

 

例えて言うなら、アイアンマン2でトニースタークが父親の残したスタークEXPOの模型から無駄なものを全部排除して、新元素を発見したのと同じ感覚です。

 

ちょっとマニアックですか?笑

 

ネットビジネスで複雑なものを全部排除したときに残った要素が、
「知識がネットで売れる」に行き着きました。

 

ここで言う知識は、広域でノウハウ、スキル、テクニック、発明、経験、新しい情報など全部含みます。

 

そう考えるとネットビジネスだけが特別ではないのです。

 

不動産は、賃貸マンションや、売買物件のしか情報を売っています。

 

予備校の先生は、有名大学に合格するノウハウを売っています。

 

製薬会社は、新薬の製法特許を取ってノウハウ使用料をもらっています。

 

セミナー講師も、コンサルタントも、ジムトレーナーも知識を売っています。

 

知識は、脳みその中身なので、原価がかかりません。

 

よって、粗利率はほぼ100%なのです。

 

しかも、フランチャイズの加盟金のように、
知識の質と需要によって、販売価格も高くても売れます。

 

私がやっていた佐世保バーガーは、

フランチャイズ加盟金210万円、保証金100万円、研修費31万5000円の

合計341万5000円と、ノウハウ使用料が売上の5%

を頂いていました。

 

高いと思いますか?

 

でも、有名な飲食企業では加盟金が1000万円するところもあります。

 

実際、5名の方が開店され、投資金以上の利益を稼がれました。

 

知識は、高単価、高粗利で売ることができるということです。

 

では、ネット業界はどうでしょう?

 

億を稼いでいる人を見回してください。

 

知識を、テキスト、音声、動画、セミナー、ネット塾、コンサルという形に変えて売っています。

 

30万円のネット塾が334人に売れるから、
ほぼ利益1億円になるわけです。

 

年収1億円というのは、ウソでも何でもないのです。

 

運営費やサポート費など多少かかりますが、高粗利には違いありません。

 

さらに、

ノウハウそのもので稼いでいるよりも、
ノウハウを売って稼いでいる場合が多い。

 

という事実にそろそろ気付かないといけません。

 

知識は、需要があれば売れるということです。

 

もちろん、中身はしっかりとしているものであるべきことは、言うまでもありませんね。

 

ということで、あなたが早く稼ぐためには、
まず「売れる知識」を早く作ることです。

 

他のことは止めてでもここに一点集中すべきなのです。

 

明日は、インターネットを使って、知識を大量に売る方法についてお話します。

 

明日も見に来ていただけると嬉しいです。

 

メモ「知識は高単価、高粗利で売ることができる」

 

吉村啓志

 

お金のワーク

最後まで読んだら、いいね!
気づき学びを、コメント
大切な友達に、シェア

をお願いします。

 

 

 

 

Please reload

特集記事

寝るだけ筋トレ。誕生秘話

April 6, 2016

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ